マンション リフォーム リノベーション

中古住宅の再生を実現させる「リフォーム力」を磨く

「問題解決型リフォーム」と「薄利多売型リフォーム」

これからのリフォーム業界には、生活者の暮らしをより快適に、安全でなおかつ毎日の生活がより一層楽しくすごせる「住まい」を実現させるリフォームを提案できるような実力が求められます。

10年前のリフォーム業界は、住宅設備機器交換や表層仕上げ材の張替といった、単なる「モノ売り」や生活者の御用聞きに徹する営業スタイルが主流でした。

リフォーム リノベーション業界

薄利多売型

しかし、経年数が30年を超える既存住宅のストックが加速度的に増加するこれからの日本の住宅事情を考えると、これからリフォーム業界の担い手は、前者の「問題解決型」リフォームに取り組む事業者と後者の「薄利多売型」リフォーム路線を継続する事業者とに二極分化していく事になります。

難易度がますます高くなる「問題解決型」リフォーム

2000年に、住宅の品質確保の促進に関する法律が施行されました。新築住宅に限らず、これからは既存住宅についてもリフォームすることによって住まいの様々な性能を等級や数値で見える化することになります。

また、2012年に新築住宅、2015年に既存賃貸住宅流通時、そして2020年には一般既存住宅売買時の省エネ性能表示を義務化する国策も計画されています。

問題解決型

リフォーム リノベーション業界

 既存住宅をリフォームによって再生し、居住性能や住まい心地を向上させるために「問題解決型リフォーム」の担い手となる事業者は、耐震性能や温熱環境、維持管理の容易性、高齢者への配慮といった様々な項目を正しく理解した上で設計・提案を行い技術品質が優れた施工を行えるといった高いスキルを持った社員の育成が必要になります。

玉石混在の中から「志ある担い手」が誕生する

リフォーム業界には様々な背景を持った事業者が混在しています。

リフォーム リノベーション業界参入状況

リフォーム リノベーション業界

現状のリフォーム(特に多くの部分的、小規模なリフォーム)においては、地場工務店の事業者や設備機器メーカー系の工事業者、あるいは独立系のリフォーム専門事業者などがユーザーから直接受注しています。

沢山のプレーヤーが混在する中で、「問題解決型」のリフォームに本気で取り組んでいる事業者はまだほんのわずかです。したがって、リフォームの企画・設計、保証、履歴管理、アフターサービス、工事マネジメントの面で十分とは言えない状況が見受けられます。

リフォーム業界が二極分化していくこれからは、リフォームの企画・設計、資金相談から、工事マネジメント、保証、履歴管理、アフターサービスまでを一貫して担うことができるような、リフォーム事業者の体制整備が必要と考えられており、リフォーム業界においても、こうした取組みが始まりました。

既存住宅の長寿命化が求められる今日において、スケルトン・インフィルの思想を取り入れた大規模な改修や、全面的な改修の必要性、重要性が高まります。同時に、上記リフォーム事業者の体制整備の必要性もますます高まるものと考えられます。こういったリフォーム業界における事業環境の変化に追随するには、事業方針の修正が必要になります。

大手のリフォーム事業者であれば、豊富な人材や組織力を使って対応できますが、中小零細の事業者が個別企業として取り組もうとするとなかなか進展しません。

これからは、中小零細のリフォーム事業者の中から、志を共有し、高い意識を持ったリフォーム事業者が、共通の目標を掲げ、団体として取り組んでいく形が増えてきます。

問題解決型リフォームの必要性の啓発、需要の喚起

住宅を長期にわたって使い続けていく上で、居住者が快適に生活し、転売や賃貸等で次の居住者に円滑に引き渡していくためには、住宅に社会的に求められる一定の性能水準が確保されていることが重要になります。

従来のマンションリフォームは、古くなったものを新しくしたり好みのものに取り替えるといった、表層の更新的な側面が大きかったのですが、超長期耐用化に伴い、社会的に求められる機能や性能水準に適合させるための下地性能を構成するインフィル更新の必要性が高まって来ます。

インフィル更新を普及させるためには、中古分譲マンションの資産価値として、機能や性能が適正に評価される社会体制づくりも求められます。

そのためには、インフィル更新の必要性が一般に認識されることが不可欠です。そういった、社会的な使命を果たすために、リフォーム業界やリフォーム工事の現場で今何が起きているのかといった情報を公開していこうと思います。

それらを踏まえて私たちはどうしたらいいのか、といった皆様の疑問や悩みをこれからこのコラムでお伝えしていきます。

ご期待ください。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-782-8231 受付時間 9:00~18:00 (水曜定休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
株式会社ワイビルド リノ・マンション
埼玉県さいたま市大宮区上小町30-37   TEL.048-782-8231 FAX.048-782-8232
リノ・マンション事業部 | サイトマップ | 個人情報保護方針